株初心者必見!「株の買い時を考えるチャンネル」の魅力とは?【YouTube】

こんばんは。

皆さんは「株式投資」やったことありますでしょうか。

投資にも、FX、不動産投資、米国株投資、国内株式投資、投資信託など、様々な種類がありますが、

今回は国内株式投資(たまに投資信託)についてを専門で扱うチャンネル、「株の買い時を考えるチャンネル」について紹介します。

通称「買い時さん」です。

投資と聞くと、どうしても胡散臭いイメージがありますが、このチャンネルのいいところは何といっても胡散臭くないところ。

それでは行きましょう!

「株の買い時を考えるチャンネル」のプロフィール

買い時さんがあげている動画のほとんどのものが、デイトレードではなく、長期投資を目的としたものです。

チャンネルコンセプトは、「株初心者の勝率が1%アップする動画」

もともとはブログをメインで実施されていて、最近YouTubeの動画投稿を始めたとのことです。

マナブさんといい、買い時さんといい、情報発信のプラットフォームをブログからYouTubeへ移す方は最近非常に多いですね。

それでは、チャンネル紹介の方いきます。

チャンネル概要

チャンネル名株の買い時を考えるチャンネル
初動画投稿日2019/7/14~
ジャンル株式投資系
チャンネル登録者数6.69万人(2020/5/13現在)
投稿動画数151本(2020/5/13現在)

「買い時さん」のプロフィール

ブログの方にプロフィールがありましたので引用します。

月間50万回アクセスがある株ブログです。株歴8年目突入。1年目で-100万。それから毎日株の本を読みまくって、今では安定して年間+5%。株初心者の役に立つような情報をお届けします。

買い時さんも投資1年目でとても損をしていたんですね。そして、そこから毎日株の本を読み漁るという努力家で負けず嫌いな一面もありそうです。

ちなみに、先日の生放送の際に、すでに結婚しているとおっしゃっていました。

にしても、ブログの月間50万回アクセスはすごいですね…

このチャンネルの魅力

このチャンネルの魅力は大きく3つあります!

情報が早く、1つの動画時間が短い

株式市場では、スピードが命です。

特に、決算直後などは株価のトレンドの転換点になることも非常に多いため、さらに重要性が増します。

そのような中、買い時さんは的確な情報をタイムリーで投稿してくださるので非常に重宝することが多いです。

また、一つの動画時間が短く、空いたタイミングで見やすいというのもポイントの1つです。

胡散臭さがない

自分がおすすめする最大の理由はこれです。胡散臭さがないこと

投資系の動画では1年で資産が10倍になった、とか10万円が1億になった、というようなものがたくさんあります。それらの多くは視聴者を引き付けるための罠だと自分は思っています。

なぜなら、そんなにうまい話は世の中にないからです。そんなことができたらみんな億万長者です。

しかしながら、買い時さんのコンセプトは、

「株初心者の勝率が1%アップする」というもの。とても謙虚ですよね。

動画内容もそのコンセプトに沿って、短期間で株価が急上昇する銘柄紹介!などではなく、

  1. 業績もよく、事業内容も悪くないため、着実に株価が伸びそうな銘柄
  2. 業績が安定しており、今後も株価が維持できそうな高配当銘柄

の紹介が主です、

以上のように、資産の短期間での急激な上昇は見込めないものの、長期投資をしている方にとっては堅実で為になる内容となっています。

業績第一の安心感

先ほども言った、堅実な内容の根拠としては何があるのか?

これが配当性向、売上高営業利益率といった業績になります。業績は基本的に裏切りません。それは、「株」という仕組みから見ても明らかです。

買い時さんは、業績が良かったら、おすすめする。業績が悪い、悪くなりそうだったらおすすめしない、という非常にシンプルな理論のもと動画が進んでいきます。

この人は絶対に変な銘柄を紹介しないだろうという安心感があります。

買い時さんの動画をお勧めしない人

一方で、買い時さんの動画は、中長期投資の方でコツコツ資産を増やしたい方向けに作られているため、

  1. デイトレーダーの方
  2. 資産を短期間で急増させたい方

に関しては、このチャンネルはお勧めできません。

しかしながら、上記に該当する方も、知識として頭に入れておいた方がいい内容かもしれません。

おすすめ動画紹介

基本的にはタイムリーな情報投稿が主になるので、おすすめ動画の紹介は特にありません。

チャンネル登録して毎日動画をチェックするという感覚でいいと思います。

株価下落の旭化成、配当金を未定に【株価分析】

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました